定番であるブランド牛肉がやっぱり一番の景品

景品の定番としてはいろいろな物の
考え方があるでしょう。

どんな人にも喜ばれることが定番の景品としては
重要な条件です。

値段というのは直接的には関係しません。
むしろ、せっかく高価に見えるものが景品として
当たったのに、自分にとっては全く使いようもない、
邪魔になるだけでもったいないなどということに
なれば、せっかく用意した景品も台無しです。

定番を選ぶ必要があるというのはそういう理由も
あるわけです。

となると、定番として例えばブランド牛肉というのは
どうでしょうか。

自分は全く牛肉は食べない、嫌いだという人も
確かに中にはいるかもしれませんが、あまり
一般的ではないでしょう。

食べたい料理の常に上位にくるのは肉料理、
それも高級肉料理であることは間違いなく、
牛肉、しかもブランド物であれば誰もが
喜ぶことはまず間違いありません。

ただし、一応は食品であり口に
入るものですから、
実際に景品として用意する際には
それなりの配慮をしましょう。

そんなことをする人はまずいないと
思いますが、例えば景品として手渡す前に
その場で室温状態のまま長時間放置して
おくなどは論外ですし、仮に冷蔵、
冷凍状態であったとしても、当たった人が
持って帰ることまでしっかりと考えておかなければなりません。

例えば保冷剤を用意しておくなどの配慮は最低限必要です。
場合によっては、その場で渡すものは引換券などにしておき、
写真と一緒に渡すなどのほうがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)