オーディオ機器は定番だけど喜ばれる

学生のころは気の合う友人と一緒に居ることで
楽しい時間を過ごすことが出来ます。

ドライブに行ったり、スポーツを楽しんだり
キャンプに行ったりなど、様々な定番のイベントを
仲間内で企画してみんなで準備して楽しむことが出来ます。

しかしながら、社会人になると学生のころの
友人関係だけではない、様々な
付き合いが生まれてきます。

会社の上司に一緒にゴルフに
行くように誘われるかもしれません。

同僚の結婚式の2次会に誘われたり、
2次会の企画を頼まれる場合もあります。

大人になれば、付き合いとして様々な
企画やイベントに参加する機会も増えます。

参加する場合は大人としてのわきまえを持って
他の人に混ざって楽しめば済みますが、
自ら率先して企画準備を行う必要が出てくる場合もあります。

そのような時には様々な準備や配慮が必要です。
結婚式の2次会であれば、参加者全員が参加して
同時に楽しむことが出来る定番の企画や
景品の準備が必要です。

ゴルフのコンペの場合は、参加者がスムーズに
ラウンドできるような配慮とプレイ以外の付加としての
景品の準備等も必要になります。

そのような企画が行われる際の定番の景品としては、
オーディオ機器が喜ばれる景品の一つです。

定番景品が喜ばれる理由の一つには、嗜好に偏らずに
誰がもらったとしても使い道がある為ともいえます。

オーディオ機器であれば、誰しもが音楽は聞く機会がある為
使い道は十分にあります。

もらった本人が使うことが無かったとしても、家族や
その子どもなど誰かしらにプレゼントしても喜ばれます。

使い道の多いオーディオ機器は、定番だからこそ
喜ばれる景品なのです。

ゲーム機も定番として安定の人気景品

定番の景品というとどういうものがよいでしょうか。
値段的にもそこそこのもので、誰でもそれなりには
欲しいと思えるもの、欲しいとは思っているけれども
自分で買うとなるとなかなか手が出ないというか、
優先順位が低くなってしまうようなものこそが
景品としてはまさに定番ということになるでしょう。

誰でも欲しがるけれども、誰もが持っているような
ものでは自分が既に持っているものと重なってしまい、
さして喜ばれない可能性もあるからです。

こういう意味で、景品の定番としてはゲーム機がおすすめです。

景品の定番となると、誰にでも喜ばれるものである
必要がありますが、ゲーム機であれば子供は
もちろんのこと、最近のものは大人でも
楽しめるものが多いからです。

むしろ、最近のものはあまりに高度過ぎて
今まであまりゲームをやったことのない人には
手がでないというようなことさえあるかもしれません。

それを心配して景品にはしない人も多いのですが、
実はこの点でも問題はありません。

というのも、ゲーム機というのは
売ろうと思えばかなりの高値で
売れるからです。

専門の買取業者もありますから、
買い取ってくれるお店を探すにも
さほど苦労はしません。

つまり、自分にとっては全く不要だという人であれば、
あっさりと買い取ってもらいお金にすることが
できるわけですから、このことを聞けば不要だという人は
それこそ全くいなくなるでしょう。

この点でもおすすめすることができるのが特徴です。

定番であるブランド牛肉がやっぱり一番の景品

景品の定番としてはいろいろな物の
考え方があるでしょう。

どんな人にも喜ばれることが定番の景品としては
重要な条件です。

値段というのは直接的には関係しません。
むしろ、せっかく高価に見えるものが景品として
当たったのに、自分にとっては全く使いようもない、
邪魔になるだけでもったいないなどということに
なれば、せっかく用意した景品も台無しです。

定番を選ぶ必要があるというのはそういう理由も
あるわけです。

となると、定番として例えばブランド牛肉というのは
どうでしょうか。

自分は全く牛肉は食べない、嫌いだという人も
確かに中にはいるかもしれませんが、あまり
一般的ではないでしょう。

食べたい料理の常に上位にくるのは肉料理、
それも高級肉料理であることは間違いなく、
牛肉、しかもブランド物であれば誰もが
喜ぶことはまず間違いありません。

ただし、一応は食品であり口に
入るものですから、
実際に景品として用意する際には
それなりの配慮をしましょう。

そんなことをする人はまずいないと
思いますが、例えば景品として手渡す前に
その場で室温状態のまま長時間放置して
おくなどは論外ですし、仮に冷蔵、
冷凍状態であったとしても、当たった人が
持って帰ることまでしっかりと考えておかなければなりません。

例えば保冷剤を用意しておくなどの配慮は最低限必要です。
場合によっては、その場で渡すものは引換券などにしておき、
写真と一緒に渡すなどのほうがよいかもしれません。

景品の定番”ペアチケット”がオススメの理由

景品で定番のものをどれだけ含めるか
というのはいろいろな意見があるでしょう。

ちょっと変わったもの、幹事の意向を
反映したものにしたいという気持ちは
分かりますが、どんな人でも喜ばれるものに
しないといけない以上、ジョーク景品は
ともかくとして、上位の景品はある程度
定番のものにしたほうが間違いはありません。

定番の景品としてオススメのものの一つは
ペアチケットです。

これにはいろいろな種類があり、例えば
ランチやディナーというのもありますし、
テーマパークやショーなどの入場チケット
にもあります。

もちろん旅行券や、少し目を
引くものとしてはディナークルーズ
などといったものもあり、
予算と好みに合わせて選ぶことが
できます。

このようなペアチケットが定番の理由、
オススメできる理由としては、誰に当たった
としても、その瞬間から誰と一緒に行こうかを
考えるところにあります。

それは本人もそうですが
周りもそうです。

というかそれが目的とさえ
言えるかもしれません。

例えば独身者であれば意中の人と
一緒に行こうか、どう声を
かけようかと思うことでしょうし、
もし参加者の中にその意中の人がいれば
それこそ勢いで声をかけてしまうかもしれません。

そんなことにでもなれば会が盛り上がらない
はずがないわけです。

そして、既婚者であっても立派に活用は
できるはずです。

最近一緒に食事や旅行をしていないから、
ここは一つ誘ってみるかということにもなります。

その人の意外な一面を見ることになるかもしれません。

要はいろいろな思惑、考えが渦巻くという意味で、
イベント景品としてはオススメなのです。

”カタログギフト”は定番だけど便利

 ゴルフコンペや二次会、
忘年会などの景品に
カタログギフトは定番です。

現在では、景品だけでなく、
様々な贈り物やお返しの品の
定番となっていますから、
一度は贈った、あるいは
受け取ったことがあるのではないでしょうか。

贈る側にも、贈られる側にも、人気のギフトとなっています。

多くの物があふれている現在。
どの家庭においても、必要な物は揃っているでしょうし、
それぞれ好みも違います。

食品にしても好き嫌いがあったり、健康上の問題や
小家族などで、食べきれないということも
あるかも知れません。 

贈る側も何をしたらいいのか
悩んでしまいますし、景品に
不必要な物をもらった方としても
困ってしまいます。

そんな時、いただける景品を
自分で選べたら嬉しいですよね。

何より、商品目録であって実物を持って帰る
わけではないので、荷物にならず、かさばりません。

贈る側としても、価格だけを選べばよいので
あれこれ悩む必要もありません。

カタログギフトは、どこで買えるのか、というと、
多くのギフトショップで扱っています。

ギフト専門店はもちろん、百貨店などでも
取り扱っていますし、インターネットで
購入することもできます。

簡単に、価格帯だけで景品を贈るというと
つまらないような気がしますが、景品の定番である
カタログギフトには、多くの種類があるのです。

グルメ専門のカタログや、生活用品、高級ブランド、
家電製品の他、宿泊、エステ、ディナー、
アミューズメントなどの体験型ギフト券が
もらえる物などがあります。

ですから、景品の定番であると言っても
内容は様々。

景品を開ける時の、相手が何を選んでくれたのだろうと
いうワクワク感は、他の贈り物をいただいた時と同様です。