女性に定番のお菓子を景品にする

結婚式の二次会などではビンゴゲームなどが
行われるのが定番です。

早く抜けた人達には豪華な景品が用意されています。

豪華な物から面白い物まで色々な景品がありますが、
定番品として一つはあるのがお菓子です。

普段自分で買って食べるような物ではなく、
景品としてふさわしい豪華な物やちょっと変わった物を
用意すると盛り上がります。

豪華なお菓子

オススメはデパ地下で売っているような、
ちょっとお高めのブランド物です。

高級品は自分ではあまり買う機会がないけれど、
貰うととても嬉しいですね。

私がお勧めするベスト景品サイト

パッケージもオシャレな物を用意すると喜ばれます。

その他に面白景品として大量の駄菓子もオススメです。
安くて子供が買うような駄菓子を箱買いしたり、
大量に袋買いして景品として出してみましょう。

色もの景品としてかなり目を引きます。
安いお菓子が大量に詰まれていると、大人は意外と
面白がって食いつく物です。

結婚式を挙げたカップル出身地のご当地名物の
詰め合わせも良いかもしれません。

とにかく普段食べない物や大量の物は、
景品として並んでいるだけで目立ちます。

誰かが当たった時も、嬉しはずかしで盛り上がりますね。

当たる瞬間

割と若い人達の間では定番のようです。
当てた人がみんなに配ったりする事もあるので、
パーティーも和やかな雰囲気になります。

注意点として、景品で出す物は必ず日持ちする物を
用意してください。

家が遠い人や、三次会に流れる人もいるので
生ものは避けましょう。

定番お菓子を色々工夫して使って
ゲームを盛り上げてください。

披露宴は出会いのきっかけに!結婚式の二次会の必要性を考える

これから結婚式を挙げることを考えている場合、二次会をするかしないかで迷っている人もいるものです。「そもそも二次会はする必要があるのか」と疑問に思う人もいるでしょう。
最近では6割近くの結婚式で二次会がおこなわれています。半数以上のケースで親族や仕事関係者などを中心とした結婚披露宴のあと、親しい友人を中心としたメンバーを招待するパーティがおこなわれているということです。
二次会をするメリットには、結婚式に招待できなかった多くの友人たちも呼ぶことが出来ることが挙げられます。親族や上司などを呼んだパーティとは違って、学生時代の友人や同年代の職場の友人などの、新郎・新婦と本当に親しい人たちとカジュアルに楽しむことができるのがその魅力です。

新郎・新婦にとっても楽しめる会となりますが、招待した友人たちにとっても知り合いを増やしたり、新たな出会いのきっかけが見つかる可能性があります。披露宴は招待客の席が決まっている場合がほとんどです。そのため同じテーブルの人としか話すことはできません。しかし二次会は肩ひじ張らずに楽に楽しめるパーティなので、参加者は自然にコミュニケーションをとることができます。
結婚式の後というタイミングもあり、二次会で出会った人同士が付き合うようになるというケースも少なくありません。そんな場になるのも、結婚式の二次会が喜ばれている点です。